東京イーストバスケットボール部

バスケ部の活動記録や東京でお仕事をする社会人の方への生活情報を発信します

東京人の疑問:都会ではなぜ家族葬を選ぶのだろうか?

大型葬の時代の終わり

大勢の方に囲まれて葬式を行うような時代が終わりつつあります。
自宅で葬式をする家庭が減り、公民館などでする人も減っていきました。
次第に葬儀会館ですることが主流となって、今は都会では家族葬や直葬や密葬などが中心になっています。
それほど葬儀自体が家族だけでひっそりとするような、時代に変わっているのです。
華やかなくらい大勢の方が見送るような葬儀は、田舎の方の地域ではまだ見受けられますが全体の数としてはそのような場合であっても、自宅でされるような方はほとんどいないのです。
葬儀会館に全てをおまかせするような形で執り行われています。

大都市では小規模な家族葬が主流になりつつあります

そして東京近郊や大阪など都会の方ではすでに香典返しという言葉すら聞かなくなっています。
香典自体の風習がなくなっているのです。
中には葬儀に参列される方もいますが、香典は受け取ることなく返却されるために香典返しというものもないのです。
そして田舎の方の地域ではさすがに香典の風習は残っています。
しかし葬儀会館などで行ない、その場で金額に応じて香典返しが渡されるようになり簡略化されているのです。
少しずつ他人との関わりが減っているのです。

都会と田舎の葬儀文化の変化を感じます

田舎の地域ではまだ隣近所とのお付き合いなども残っていますが、都会では誰かがなくなってもわからないのです。
それほど付き合いがありません。
だからこそ家族葬が選ばれるのでしょう。家族だけで最期の時を過ごす方が、故人にとってもですが見送る家族にとっても気楽だからです。
誰かに気遣うことなく、悲しみの時間を持って、最後は明るく見送れるようになるのです。
家族葬は田舎の地域でも若い世代を中心に、少しずつ受け入れられるようになり、今後は家族葬が主流となっていきます。

東京イーストバスケットボール部コンテンツ一覧

オススメ一覧